第19章


 希は、丘の上に上がった魚のように乱れ、身をくねらせている由紀の方へと近づいていった。
 そして、目の前で淫らに悶える由紀を見つめた。

 由紀は、希が自分の方へにじり寄ってきたことなど気づきもせずに、何とか自分の身体の疼きを鎮めようと躍起になっている。
 身体はパジャマに覆われているものの、そのパジャマも下半身は由紀の股間から流れ出たいやらしい蜜によって、グショグショに濡れており、既に使い物にはなっていない。
 恐らく、その部分を絞ればバケツ一杯分の蜜が搾り取れるのではないだろうか。
 それほどまでに、由紀の股間は乱れていた。

 希は、そんな同性から見ても恥ずかしいと思えるような恥態を繰り広げている由紀に、足元の方から近づき、そして太腿にそっと手を添えた。
「あひぃぃぃ!!!」
 すると、太腿にちょっと手が触れただけなのに、由紀はまるで性感帯を刺激されたかのような喘ぎ声を上げた。
 一瞬、希の手が驚いたように由紀の身体から離れる。
(由紀ちゃん、身体じゅうが感じるようになっちゃってる・・・・)
 そう、身体じゅうを催淫剤に侵された由紀は、全身性感帯のように敏感になってしまっているのである。
 希は、由紀に余計な刺激を与えないように、ゆっくりと顔を由紀の上半身の方へ持っていった。
「由紀ちゃん、由紀ちゃん。
 わたし、希よ。わかる?
 大丈夫?」
 希は、由紀と顔がくっつくぐらいまで近寄り、そっと由紀の耳元へささやきかけた。
「あぁぁぁ、んふぅ・・・・の・・・・・のぞみ・・・・ちゃ・・ん?
 わ・・わ、わたし・・・・だめ・・・・・・・。
 お・・・・おねが・・・い。
 た、たすけ・・・・・・・・・くぅぅぅ!!」
 由紀は、荒い息をこらえて、何とか自分の意志を取り戻そうとする。
 しかし、催淫剤に侵された身体がそれを許さなかった。
「うん、わかった・・・・た、助けてあげる。
 自分だけじゃ、満足できないんでしょ・・・・・・」
 そう言うと希は、由紀の胸の頂上でパジャマの上からでもはっきりとわかるほどにつんと隆起している乳首に、そっと触れた。
「きゃうっ!!!」
 突然あらわれた恥ずかしい乳首への刺激に、由紀は情けない声を上げてビクッとした。
 希は、由紀の余りにも敏感過ぎる反応に、一瞬ビクッと驚いた様子で指を引っ込めたが、気を取りなおしてパジャマの上から由紀の小さな胸と、その頂で恥ずかしげに起きあがっている乳首をもみこむように刺激を与えていった。
「ひゃっ!んふ!!あひっ!
 の・・・・・のぞみちゃ・・・・・だ・・・・だめ・・・・・くひゃ!!」
 由紀は、希の手の動きに合わせて、全身で悶えている。
「だめ・・・ゆきちゃん・・・・我慢して。
 は、早く満足しなくちゃ・・・・壊れちゃうわ・・・・。
 だ・・・だから・・・・・我慢して、お願い」

(わ・・・・わたし・・・・こんな・・・・・だめ・・・・・)
 催淫剤によって敏感にされた胸への刺激は由紀の理性を崩していく。
 希は、そんな由紀の反応を見ながら、手の平で由紀の小さな乳房をこねるように回し始めた。
「あぁぁ・・・・はんっ!!」
 そして、胸をつぶすように押し込んだ後、絞り込むように手をすぼめながら手を離していく。
「んんぅぅぅ・・・・・・・んっ」
 希はゆっくりとした動作で、その動きを何度も繰り返した。
 そのたびに、由紀はのどを反らせながら、泣きそうな、それでいて訴えるような声で、恥ずかしく、いやらしい吐息を口にする。
 と、次に希は、はしたなくピンと突き出た由紀のかわいらしい乳首を人差指でグッと押し込んだ。
「あうっ!!」
 今まで胸全体に激しくも優しい刺激を受けていた由紀は、突然現れた敏感な突起への集中攻撃に、一瞬息を詰まらせた。
 希は、そのまま、さらに固く尖った先端を親指と人差指でつまむようにして、クリクリと転がした。
「あんっ!!うぅ・・・そ・・・そんな・・・・・・んぁ!!
 や、や・・・・やめ・・・・ひぃっ!!」
 由紀は、希によって加えられる胸への刺激にたまらなくなり、悶えながらも何とか希の手を逃れようと身体をくねくねさせた。
「うくぅぅぅぅ!!!」
 しかし、由紀はそんな動きでさえも身体がパジャマと擦れた刺激で快感の渦に飲み込まれてしまう。
 由紀は、朦朧とした意識の中で何とか希の手をどかそうと、両手で希の手を押しやろうとする。
 しかし、既に身体じゅうの力が抜けてしまっている由紀には、希を押し返すだけの力はない。
「も・・・もう・・・やめ・・・・・あぁぁぁぁぁぁ!!!」
 

 希は、由紀が手を自分の両手にかけ、押し戻そうとしているのに気がついた。
 しかし、その腕にはほとんど力が入らないようで、とても、抵抗しているとは思えないほどである。
 希は、片手で由紀の両手首を合わせて持ち、両手の自由を奪うと、もう片方の手を由紀のパジャマのズボンの方へと伸ばし、そしてそのまま中に差し込んでいった。
「だ、だめえええぇぇぇぇぇ!!!!」
 希の手が由紀の股間に届くや否や、由紀は両脚をぎゅっと締めて、その侵入を拒もうとした。
 しかし、ビショビショに濡れた股間と太腿をいくら閉めたところで、希の侵攻を止めることはできない。
 おまけに、手で希の動きを制しようにも、両手は逆に希に取られてしまっていて、何一つ抵抗ができない。
 希は難なく片手を太腿に挟まれるようにして由紀の股間に差し込むと、そのまま滑るように無毛のクレヴァスを通過して、どろどろの股間の中でつんと起っている肉芽に触れた。
「あ・・・・ああああああぁぁぁぁぁ!!!!」
 その瞬間、由紀は全身をのけ反らせて叫び声を上げる。
 希の指が、そっと陰核に触れた瞬間、余りにも簡単に絶頂を迎えてしまったのだった。
 それと同時に、由紀の割れ目の奥からはプシャッと大量の蜜が噴き出る。
 由紀は、ここにきて、ようやく気をやることができたのであった。
 

 確かに、催淫剤によって淫らの崖に突き落とされた由紀の身体は、非常に敏感になっており、ちょっとした刺激で理性を吹き飛ばすような激しい快感を感じるようになっている。
 にもかかわらず、ある程度の高みまでは簡単に上り詰めるのに、最後の頂上まであと1歩というところで、思うように踏みきれず、結局イク直前のぎりぎりの状態で焦らされたようになってしまっているのだった。
 その原因は、由紀の未熟な淫技にもあるのだが、それ以上に、特殊な配合によって作られたこの催淫剤の効果によるところが大きい。
 そう、この寮の催淫剤は、そう簡単には少女たちを楽にはさせてくれないのだ。
 性感帯どころか身体じゅうを恐ろしく敏感にさせ、少女たちを淫らの渦に引きずり込む一方において、最後の最後で身体の反応を鈍くさせて、恥ずかしがる少女たちに、長く、そして激しい自慰を強制させるのである。
 由紀は、小さな波で、何度か軽くイッてしまっているのだが、大きく上り詰めたのは、希に手伝ってもらったこれがはじめてであった。
 だが、それでも由紀の身体の疼きは一向に消え去る気配はなかった。
 いや、1度イッてしまったことで、さらに敏感に感じるようになってしまっている。
 由紀は、果てたにもかかわらずいまだにびしょ濡れのショーツの中で動き続けている希の手淫に、再び身体を燃え上がらせることとなった。

 希は、由紀の恥ずかしく敏感な尖りに指を添えると、人差指と中指で撫で回すように優しく愛撫した。
「んぅぅ・・・・あんっ・・・・・そ、そこ・・・・は・・・・・・・はぁ・・はぁ・・・・んぐっ!」
 由紀は、果てた身体を休ませる暇もなく、再び官能の世界へと舞い戻っていった。
 既に由紀の陰核は包皮から顔を出し、痛いぐらいに充血して硬く尖っている。
「由紀ちゃんの・・ここ・・・・・すごく硬くなってる・・・・」
 希はそう言うと、添えていた2本の指で、由紀の肉豆を挟みこんだ。
「っ!!!!」
 由紀は、言葉にならない声を発し、身体を強ばらせ、希の手を太ももで締め付ける。
 希は、一層潤いを増した由紀の淫裂へと指を進めていった。
 とうとう希の指が由紀の秘められた淫孔へと侵入を遂げた。
「あっ・・・・・あ・・・・・・・・」
 由紀は、口をパクパクさせて、胎内を蹂躙する希の指の感覚に耐えていた。
 希は、手のひらで陰核への愛撫を続けつつ、人差指と薬指で由紀のピンクの秘唇をグニッと広げて、中指を由紀の中へと埋めている。
 希は、由紀の蜜壷の中で、クイックイッと中指を曲げてみる。
「あうっ!あうっ!」
 グシュグシュと由紀の胎内で蜜がかき回される音とともに、指の動きに呼応して由紀の口からいやらしい声が漏れてくる。
 そして、希の指の動きにつられて、次第に由紀の腰がせり上がってきた。
(あぁっ!!いやっ・・・・わ、私の身体・・・・い、言うこときかない・・・・・・あぁぁ・・・)
 由紀の意思とは関係なく、腰が動き出しているのだった。
 宙に浮いた由紀の下半身は、ガクガクと震えて汁飛沫を振りまいている。
(は、恥ずかしいぃ・・・・・こ、こんな格好・・・・・・・や・・・・。
 でも・・・でも・・・・・あぁぁ・・と、止まらない・・・・・・こんなのって・・・・・)
 はしたなく腰を振っている下半身をどうすることもできずに、由紀は泣きながら希の愛撫に身を委ねていた。
 

「あぁぁ・・・わ、わたしも・・・・・耐えられない・・・・」
 希は、由紀の恥態を目の当たりにして、自分の体内の欲求が高まっていくのを感じていた。
 希は、ふと自分の股間に目をやってみる。
 ファスナーを開けたままのショートパンツの奥に見えているショーツは濡れそぼち、透けてしまっていて、その奥で隠れているはずの希の濃い陰毛までもはっきりと映し出している。
(だめだわ・・・・このままじゃ・・わたしも・・・・・・)
 希は、自分の身体も、もう耐えられないところまで来ていると感じた。
 一瞬ためらった希だったが、グッと表情を硬くして、責め方を変える事にした。
 

 希は、由紀を責め立てている手を一旦抜いた。
 ようやく解放された由紀は、荒い息をして横たわっている。
 しかし、身体の方はまだ満足していないようで、両腕で身体を抱え込むようにしてガタガタと全身を震わせている。
 希は、一旦由紀から離れると、由紀の下半身を覆っている濡れきったパジャマに手をかけた。
 そして、一気にそのパジャマをずり下げ、由紀の脚から抜き去った。
 そして希は、由紀の下半身に残った最後の砦である白いショーツに手をかけ、ゆっくりとびしょびしょになって透けてしまっているショーツを下ろしていった。

「あぁぁ・・・の、のぞみちゃ・・・ん・・・・なにを・・・・あん!」
 由紀は、剥き出しにされていく下半身を食い止めようと身体をよじろうとするが、身体に力が入らないため、何も抵抗はできなかった。
 希は、由紀のショーツを少しずつ下ろしていく。
 既に由紀の愛液を一杯に吸い込んだそのショーツは、引き離されていく由紀の股間との間に、何本ものいやらしい蜜の糸を引きながら、由紀の脚を滑っていく。
 そしてとうとう、ショーツが足首から抜き去られた。

 由紀は、上半身はパジャマを着ているにもかかわらず、下半身は全くの裸にされてしまった。
 しかも、由紀の無毛の割れ目の奥からは、今でもトロトロと淫液が流れ出している。
「由紀ちゃん、今身体の疼きを鎮めてあげるわ。
 だから、わたしの言う通りにして」
 希はそう言うと、自分のショートパンツに手をかけ、ショーツと一緒に下ろした。
 こちらも、由紀ほどではないものの、下げられるショーツといやらしい股間との間に淫らな糸が引かれる。
 そうして、希も上半身にTシャツだけを着て、下半身を丸裸にした状態になった。

(わたしたち・・・・すごく恥ずかしい格好している・・・・・)
 希は、下半身だけを丸出しにした自分たちの姿を思い返して赤面した。
 こちらからは窺い知ることはできないが、恐らく今このときも、壁に備え付けられた大きなマジックミラーの向こう側から、何人もの男子たちが目を皿のようにして自分たちの恥態を見ていることだろう。
 今、希は鏡に背を向けている。
 一応、手でお尻のあたりを隠そうとしているのだが、どうしたところで希のかわいらしいお尻を隠すことはできない。
 しかも、希の股間からも由紀ほどではないものの、かなり大量の淫液が漏れ出していて、ポタポタと床に落ちている。
 もう、希本人の方も限界なのである。
(恥ずかしいけど、わたしと由紀ちゃんが一緒に満足するためには、こうするしかないわ・・・・・)
「由紀ちゃん・・・・わたしも、こ、こんなこと・・・したことないのよ・・・・。
 で、でも・・・・わたしも・・・・・もうだめなの・・・・・
 だ・・・だから・・・・一緒に・・・・」
 そう言うと、希は由紀の脚の先のほうへ移動して、自分の両脚を由紀の両脚と絡ませるようにした。
 そして、由紀の右足を両足ではさみ込むようにして、自分の右足を由紀の上へ乗せ、そして左足を由紀の下側へと滑らせていった。
 希は、そのまま腰を少しずつ移動させていって、とうとう由紀の秘唇と希の秘唇がぴったりと重なり合うまでになった。
「え・・・・な、なに・・・のぞみ・・・ちゃ・・・・あふぅ・・・」
「くひっ!」
 2人とも、自分たちの股間に流れた甘美な刺激に喘ぎ声を上げた。
 

(あぁ・・・わたし、レズをしようとしてる・・・・・。
 でも・・・・でも、これしか・・・・・・・・わたしも、もう・・・)
 希は、自分がこれからしようとしてることへの罪悪感を感じながらも、身体じゅうを駆け巡る激しい疼きを鎮めるために、由紀と身を重ね、そしてともに感じることを選んでしまった。
「そ・・・それじゃあ・・・・いくわね・・・・・」
 そう言うと、希は由紀に押し付けた陰部を擦りつけるようにしてゆっくりと腰をグラインドさせていった。
「あ・・・あひぃぃぃ!!!!な・・・・や・・・・あぁぁぁぁ!!!」
 その動きに合わせるように由紀は喘ぎ声を上げて泣き出した。
 しかし、その刺激は由紀だけに与えられているわけではない。
「くひゃ!!んふっ・・・・ん・・・・あぁぁ!!」
 希の股間にも淫らな渦が流れてくる。
 2人の少女の股間の淫裂が複雑によじれ、めくれ合いながら形を変えていく。
 そのたびに、2人の少女のかわいらしい口からは恥じらいの吐息がもれ、淫らな嬌声を上げていく。
「いや、の、のぞみちゃ・・・・・だめ、動かないでぇ!!」
「んっ、はっ・・・・ゆ・・・ゆきちゃん・・・・我慢し・・・・・・・んふぅ・・・。
 こ、こうしないとぉ・・・・わたしも、由紀ちゃ・・・んも・・・・・・もう・・・・」
「あんっ・・・あん・・・・ひぃっ・・・・・・」
 由紀は、既にかわいらしい口を半開きにしながら、涎を垂らしながら喘いでいた。

 由紀の肉襞が、希の秘唇へともぐり込む。
 希の秘唇が由紀の肉豆をはさみ込む。
 由紀の淫裂が希の陰唇をこねくり回す。
 希のクリトリスが由紀の尿道口に押し付けられる。
 2人の小陰唇が、ぴったりと接吻をする。

 考え得る限りの淫らな光景が、2人の股間で繰り広げられていた。
 そのたびに、2人の可憐な上の唇からは、声にもならない喘ぎ声が発せられ、それに呼応するかのように、下の唇からは大量の涎を垂れ流す。

 そして、2人の股間にあるパンパンに腫れ上がった2つの突起がお互いにぶつかり合い、弾けたとき、
「ぐひぃっ・・・ああああぁぁぁぁーーーーーー!!!」
「んくっ!!」
 1つの大きな絶叫と、もう1つの小さな呻き声が寮内を鳴り響いた。
 大きな絶叫は由紀の絶頂を迎えたときのものであり、小さな呻き声は、クリトリスに刺激を受けた希の恥ずかしい呻き声だった。
 そして、その声が上がった瞬間、「ブシュッ!」という音とともに、由紀の股間から、大量の蜜が噴き出した。
「あぁ・・・は、入ってくる・・・・・・・んあぁぁ・・・」
 淫らな蜜を噴き出すその出口はぴったりと希の秘部が押し付けられているため、由紀の淫穴から飛び出した淫らな液は、一部が希の淫裂の中に入っていく。
 そしてその他のほとんどは、2人の股間の合わせ目から四方に噴水のように噴き出した。
 しかし、希はそれでも腰の動きを止めようとしなかった。
 それどころか、さらに腰の動きを速め、激しくしていく。
 これは、由紀を早く満足させるということもあったが、自分も早く果ててしまわなければ狂ってしまうという、切実な事情もあるのである。
「あっ、あっ・・・・わ・・・わたし・・・・変に・・・・あひぃぃぃぃ!」
「くふぅ、はぁ、ん・・・・」
 2人の悶え声は続いていった。
 

 そうして、2人が股間を合わせてから20分ほどが経過したとき、2人の大きな絶叫が同時に寮内を駆けぬけた。
 ようやく、2人の淫らな競演は幕を閉じたのである。

 淫裂を合わせてから、希が1回果てるまでに、由紀は実に4回の絶頂を迎えていた。
 そして、最後にようやく希とともに果てたとき、二人の蜜壷の合わせ目からは、2人分の潮が噴き出し、必死になって自分たちの秘肉に快感を注ぎ込んでいた2人は力尽き、そして気を失った。

 由紀の方も、どうやら身体の疼きが収まったようで、荒い息をしながらも安らかな寝顔をしている。
 希も、いつも以上に乱れた夜だったが、どうにか身体を鎮めることに成功し、吸い込まれるように眠りについていった。
 

 2人は、部屋の床の上で下半身だけを丸出しにして、両脚をお互いに絡ませ、股間をぴったりと擦りつけた状態のまま眠りについていた。
 その辺りには、2人分の汗と愛液(ほとんどは由紀のだが)、そして噴き出した潮とでどろどろの水溜りになっている。
 しかし、力尽きて眠りについた2人の美少女は、自分たちが流したその淫らな蜜をシーツ代わりに、そのままの状態で眠り続けた。
 その寝顔は、数瞬前の少女たちの淫靡な表情からは想像もできないほど穏やかで、清らかなものであった。


戻る


PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 Amazon Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 転職 海外旅行保険が無料! 海外ホテル