第6章


  由紀は、淫らな廊下を亜紀子に連れられて、やっとの思いで教室までたどり着いた。
  教室には、「2年」としか書かれていない。
 この学園は、生徒数が少なく1学年25人程度しかいないため、各学年とも、1クラスしかないのである。
 

  由紀は、いまだ廊下に座って、はぁ、はぁ、と息を荒げている。
 そんな由紀に向かって、亜紀子がやさしく呼びかける。
「さあ、由紀ちゃん、よくここまで来れたわね。
 がんばったわ。
 でも、これからは、1人で廊下を渡れるようにがんばりましょうね」
 由紀は、息も整わず、意識さえも朦朧としたなかで、なんとか
「は・・・い・・・」
 と小さな声で答えた。
 それを見て亜紀子は、人差し指をあごにつけ、少し考えるようなそぶりをしてから、
「まあ、きょうの1時間目は朝礼で終わりだし、2時間目まで時間があるから、少しぐらいならいいか」
 と言って、教室の生徒に向かって
「とりあえず、しばらくの間は自由にしていていいわよ。
 もう少ししたら、新しい転校生の紹介をするから、それまで、待っててね」
 と言った後、由紀のそばに戻って、自分の濡れそぼった股間をハンカチで拭き、めくれあがったスカートを直してから、愛液とおしっことでぬれてしまった由紀の股間を優しく、ていねいにハンカチでふいてあげた。
 そして、はだけてしまったスカートを直してやった。

 亜紀子の指示を聞いて、教室の中の生徒たちは、うれしそうな声をあげて、友達とのおしゃべりをはじめる。
 すると、心配そうに廊下の方を眺めていた、希が席を立ち、教室の外に出てきた。
「由紀ちゃん・・・大丈夫ですか?」
 希は心配そうな顔をして、由紀の方を見ながら亜紀子に聞いてきた。
「ええ、ちょっと刺激が強かっただけよ。
 心配ないわ。
 10分もしたら、自分で歩けるようになるわよ」

 少ししてから、教室から、3人の女の子が、皆心配そうな顔をして出てきた。
「あの・・・その方、大丈夫ですか?
 あんなに激しく・・その・・してしまって」
 と、か細い口調で問い掛けてきたのは、柏原瑞穂である。
 瑞穂は黒いロングヘアーで、見るからにお嬢様という雰囲気を身にまとっている。
 口調もそれにたがわず丁寧で、おっとりとした性格であることがわかる。
 また、色白で病弱な感じがする。
 身体のラインもまだそれほど発達していない。

「ちょっと眠っているだけだわ。
 大丈夫、息もしているわよ」
 と、由紀のそばに駆け寄って、脈を取ったりして、ちょっと勘違いしているのは川上綾。
 綾は、髪を両側にお下げにしており、由紀以上に童顔で小柄、どう見ても小学校中学年ぐらいにしか見えない。
 身体のほうもそれ相応で、まだ、女らしい成長をほとんど見せていない。

「いきなり、媚薬を使って処女を失った後に、この廊下。
 おまけに亜紀子先生の『牽引列車』ときたら、大抵の子はこうなってしまうに決まっているわ。
 いきなりあんなに感じさせられちゃって、かわいそうに」
 少しあきれたように、そう言ったのは高瀬真由美。
 ポニーテールがよく似合うかわいい少女だ。胸が大きく、非常に見事なプロポーションを見せている。

「そうよ、亜紀子先生ももう少し、違う方法で連れて来てほしかったわ。
 あそこまでしなくても・・・」
 希も、ちょっと口を尖らせて、すねたような仕草をしながら、亜紀子に文句を言った。
「あら、廊下で立ち止まっている娘を進ませるのって、あれが一番だと思うんだけどなぁ。
 決まりだから、降ろすわけにも行かないし・・・」
「でもぉ・・・あれはちょっと・・・」
 と、亜紀子の言葉に反論しようとした希に向かって、亜紀子はさらにこう続けた。
「そう言えば、希ちゃんも、入学したころは、1人で廊下を渡れなくて、手伝ってあげたわよね」
 それを聞いて希は真っ赤な顔になり、うつむいて、
「え、あっ・・・はい・・・でもぉ・・・」
 と小さな声で答えた。
 そして、諦めたような顔をしてため息をついて、亜紀子と反対がわに周り、由紀の手をそっと握って由紀の回復を待った。
 

 少女たちは、みんなそれぞれ個性的だが、総じてかわいく、美人である。
 また、みんな、由紀と同じように、シースルーのセーラー服と、スリット入りの超ミニスカートを履いているものの、とても1年間この学園で生活したとは思えないほど、清楚で清純な雰囲気を身にまとっていた。
 この学校の基本理念として、
「女性は、いかに淫らなことをされ感じていても、常にその恥辱に耐え、そして恥じらいの心を持ち続けなければならない」
 というものがある。
 この少女たちは、その教育の賜物だった。
 どんなに、恥ずかしい行為をさせられ、恥態をさらそうとも、羞恥心を持ちつづけ、その淫らな行為をじっと耐えなければならない。
 決して淫らな感情におぼれたり、慣れてしまってはいけないのだ。
 そういう女性を育てるのがこの学校の役目なのである。
 

 ここに集まった由紀を含む5人が2年生の女子全員である。
 1クラス25人中、女子は5人。
 それがこの学園のクラスの基本構成だった。
 これは他の学年も同じである。
 

 しばらくして、亜紀子が言ったように、10分ほどたったあと、由紀は意識を取り戻した。
「・・・あ・・・ん・・・」
 うっすらと目を開けた由紀の視界に4人のかわいらしい少女と、亜紀子の姿が入ってきた。
「由紀ちゃん、大丈夫?」
 希が話しかける。
「・・・え・・・あ・・・うん、だ、大丈夫、大丈夫よ・・・多分・・・」
「由紀ちゃんったら、廊下の棒を渡った後、ずっと気を失っているんだもん、心配しちゃったわよ」
「あ、そ、そうなの・・・」
由紀は自分の恥態を思い出し、顔を真っ赤にした。
 

 それを見て、亜紀子は周りの少女たちに声をかけた。
「さあ、みんな教室に入って。
 これから由紀ちゃんの紹介をするわよ。
 由紀ちゃん立てる?」
「ま、まだちょっとふらつきますけど・・・・。
 は、はい、大丈夫です。
 ありがとうございます」
 由紀はそう言って亜紀子に支えられながら立ち上がった。
 まだ、脚が震えてまっすぐ立つことができない。
 それでも、必至に亜紀子につかまりながら立っている由紀を見て、由紀を取り巻くようにして立っていた少女たちも、それじゃあ、といって教室に入っていった。
 

 亜紀子は由紀の肩を支え、背中をやさしく押してやりながら、教室へと入っていった。
 

 亜紀子が教室に入ると、友達の席にいっておしゃべりをしていた生徒たちが慌てて自分の席に着き、静かになる。
 由紀は、ふと、先ほど自分を取り巻いていた少女たちに目を向けた。
 少女たちは、まだ席に着いてはいない。
 ちょっと、自分の席の椅子の位置とお尻の位置を測るように微調整し、ゆっくりと、腰を落としていった。
 その少女たちの顔は、皆、真っ赤になっており、瑞穂などは、目をじっとつむって、震えながら腰を落としている。
 そして、それを周りの男子は、ニヤニヤと、うれしそうな顔をして眺めているのである。
(みんな、どうしたんだろう・・・ただ、椅子に座るだけなのに・・・)
 由紀は、得体の知れない不安にかられた。

 そうして、女子がみんな席に着き、赤い顔を上げて正面を見たのを確認して、亜紀子は話をはじめた。
 

「みなさん、おはようございます。
 きょうは、1時間目は朝礼で、もうほとんど時間が残っていないけど、ちょっとだけ時間を借りるわね。
 みんな朝礼のときに見て知っていると思うけど、きょうから、新しいお友達が増えます」
 と言って周りを見まわした後、
「さ、由紀ちゃん、自己紹介して」
 と由紀を促した。
「あ、は、はい。
 わ、わたしは、きょう、この学校に転校してきました水野由紀です。
 ・・・・ま、まだこの学校のことは全然わからないですが・・・
 よ、よろしくお願いします」
「うーん、まだ、緊張しているみたいねぇ。
 ま、おいおい慣れていってね。
 みんなも、まだ由紀ちゃんは、この学校に来たばかりだから、いろいろ教えてあげてね」
 と亜紀子は補足してから、
「そうそう、由紀ちゃんの席は・・・希ちゃんの隣よ。
 本当は、女の子を隣同士でくっつけるのはだめなんだけど、由紀ちゃんは、まだまだこの学校のことを知らないから、希ちゃんが教えてあげて。
 いいかな?」
「はい、わかりました亜紀子センセ」
 希も快く引き受けた。
 既に、希の隣には、由紀の席が準備されている。
「さあ、由紀ちゃん、あなたの席はあそこよ。
 希ちゃんに座り方を教わってちょうだい」
 そう言って、亜紀子は由紀を送り出した。
(え、椅子に座り方なんてあるの?
 そういえば、希ちゃんたち、みんなゆっくりとした動作で座っていたけど・・・)
 由紀は不思議に思いながら、自分の席のほうへと歩いて言った。
 もちろん、スカートのすそがめくれないように、手で押さえながらゆっくりと。
 いかに、淫らな姿をさらしたあとであっても、恥ずかしいものは恥ずかしいのである。
 そうして、ゆっくりと指示された自分の席へと歩いていき、自分の席を見たとき、悲鳴にも近い驚き声を上げた。
「え、な、なにこれ!!」
 由紀が見たものは、透明な天板を持つ机と、2本の細い棒が立った椅子だった。
 

「こ、これが・・椅子・・・」
 由紀は自分の目を疑うように、その奇妙な椅子を眺めていた。
 希はそんな由紀を、心配そうな目で見ながら、
「そうよ、これが私たちの椅子なの。私も今、これに座っているわ」
 といって、顔を赤くし、ちょっと苦しそうな顔をしながらちょっと腰を浮かした。
「んふぅ・・・」
 軽い喘ぎ声とともに、希は自分の椅子に立っている2本の棒を抜き去りながら立ち上がった。
「さ、恥ずかしいと思うけど、これに座んなくちゃだめなのよ。
 私が手伝ってあげるから、こっちへ来て」
 由紀は信じられないようなその光景に、思わず亜紀子の方を振り向いた。
「そうよ、由紀ちゃん。
 この学校では女の子はみんな、授業はその椅子に座って受けなくちゃならないの。
 このクラスの女の子たちは、まだ慣れていないみたいだけど、慣れれば、すっごく気持ちいいのよ」
「え、あっ・・・」
 由紀は新たな羞恥に頬を染めながらうつむいた。
(こんな椅子が世の中に存在するの?
 こんなのにどうやって・・そっか・・・これが、みんながゆっくりと座っていた理由だったんだ・・・。
 でも、何で2本もあるの?
 ・・・この2本目の場所って・・・)
 そこまで考えたとき、由紀に恐ろしい考えが浮かんだ。
「こ、この2本の棒って・・・」
 希はその疑問と戸惑いの意味をすばやく感じ取り、恥ずかしがりながらも説明した。
「そうよ、この棒は、あ、あそこと、お尻の・・・穴に入る棒なの。
 でも、大丈夫、すっごく細いから、ほとんど痛みとかは感じないわ。
 ちょっとくすぐったい感じに近いわ」
 由紀は確かに体育館で処女を失った。
 しかし、それは失うべくして失うものである。
 いずれ女の子は、そこを貫かれなければならないのだ。
(でも・・・お尻の穴だなんて・・・・そんなところに、物を入れるなんて・・・)
 由紀は、女陰の穴に棒を差し込むことは、かなり抵抗があるものの何とか納得できる。
 しかし、排泄のための器官としか考えたことのない肛門に物を入れるのには、どうしても抵抗があった。
 とはいえ、それを避けることはできない。
(こんな椅子に座って授業を受ける・・・
 廊下の木でさえあんなんなっちゃったのに、こんなのに何時間も座って、授業を受けるなんて・・・
 無理よ、絶対。
 でもぉ・・・)
 しばらく無言でうつむいた後、とうとう観念したように目を閉じ、顔を赤らめた。
「う、うん・・・わかった・・・座る。
 希ちゃん、て、手伝って」
「うん、わかった。
 絶対に痛くしないから、安心して」
 由紀は、ゆっくりと、この破廉恥な椅子の前に立った。
 そして、恐る恐るという感じで、ゆっくりと腰を落としていく。
「あ、ちょっと待って由紀ちゃん。
 そのままだと、あ・・あの・・・ま、前の方は何とかなると思うけど・・・
 後ろの方は・・・」
 そう、この教室に来るまでに、女陰に棒を差し込まれ、そして、三角棒の責めも受けた前の方の穴はいまだに淫らに湿っており、椅子から突き出た棒をいとも簡単にくわえ込むことができるであろう。
 しかし、後ろの穴はそうはいかない。
 ふつうの乾いた状態では、とても痛くて入らないのだ。
 ましてや、今はじめて肛門に物を入れようという少女なのである。
「ちょっとまって、今、濡らしてあげるわ。
 ちょっとの間我慢してね」
 そう言うと、希は顔を赤らめ、由紀のスカートの前のスリットを分けて、自分の右手を由紀の股間へと伸ばしていった。
「え、な、なに・・・何するの、希ちゃ・・・・・ん・・・・」
由紀は、言い終える前に、希の侵入を許してしまった。
 希は、なるべく由紀に痛みを与えないようにゆっくりとやさしい動作で、由紀の陰裂に指を差し込んでいく。
 中指をいやらしい穴の中に入れ、手のひらで、やさしく、クリトリスを愛撫した。
「あ、あ、や、やめて・・・のぞ・・みちゃ・・」
 体育館や廊下のいやらしい責め具についていた媚薬は、まだ効果を失ってはいなかった。
 希がちょっと、秘唇をいじっただけで、穴の奥からどくどくと恥ずかしい女の蜜が溢れ出す。
 希は、その蜜を指先につけて由紀の肛門の周りに手を伸ばし、その周りをゆっくりと、もみこんでいった。
 クラスの男子たちは、目の前で展開されるかわいい少女たちの淫らなレズ行為に、じっと集中している。
 残りの女子もまた、かわいい同性たちの淫らな動きに心を奪われ、しっとりと椅子の棒に責め立てられた2つの穴を湿らせた。
「由紀ちゃん・・・ちょっと力抜いてね」
「え・・・な・・なに?
 そこは・・・ひゃ!!」
 由紀は大きく目を見開いて、中空を見つめた。
 希の指先が、由紀の女として最も恥ずかしい穴、肛門に入っていったのである。

 希は、ゆっくりと指を挿入し、淫らな蜜を肛門の中に塗りこんでいった。
 その間、由紀は、息もできないといった感じで、口をパクパクさせ、目には涙を浮かべている。

 そろそろ大丈夫と思った希は、ゆっくりと指を抜き去り、まだ、手についている由紀の淫汁を椅子についている2本の棒に塗りこんだ。
「ごめんね、由紀ちゃん。
 でも、こうしないと、痛くて裂けてしまうかもしれないのよ。
 わたしたちも、この椅子に座る前には、恥ずかしいのを我慢して、自分のあそこをさするのよ。
 さ、これで大丈夫よ。ゆっくり腰を落として」
 希が立ちあがった後の椅子を見れば、その2本の棒とその根元が彼女の恥ずかしい愛液で濡れているのがわかる。
 希とて、平気でやっているわけではない。
 恥ずかしいのだ。

 希に背中とお尻を支えられながら、由紀はゆっくりと腰を下ろしていった。
「んあぁーーー!!」
 そして、棒が、2つの穴に入る瞬間、由紀は声を上げてのけぞった。
 軽いアクメを感じながら、とうとう由紀はそれらの棒を2つの恥ずかしい穴に収め、席に着いたのだった。

 確かに、希の言うとおり痛みは感じなかった。
 希が一生懸命気をそらしてくれたからである。
 しかし、2つの穴・・・あそこと、お尻の穴に棒が入っているというのは、はっきりとわかる。
 そして、その椅子に完全に座ったときに、その2本の棒の少し前方、ちょうど、由紀の割れ目のはじまった辺りのところに、丸い、突起物が付いていることにも気がついた。
 

 しかし、由紀はその意味をまだ、理解しておらず、ただ、この、身体に杭を差し込まれたかのような感覚を必至で我慢することで、精一杯だった。


戻る


あみあみ Amazon Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 転職 海外旅行保険が無料! 格安航空券