飼育係



 聖女学園には、飼育係と呼ばれる係がある。
 それは、主に廊下の水槽やプールなどで飼育されているウナギや魚たちの餌やりを中心に飼育し世話をする役目を担う係である。
 この飼育係は、1回あたりの任期が1ヶ月となっており、毎月担当者が交代する特殊な係となっている。
 毎月、女子生徒の中からひとり、係の担当が選出され、選ばれた女子生徒は1ヶ月の間、飼育係を務めるのである。
 なお、飼育係の仕事の中には、ひとりではできないものや、力作業を必要とするものなどもある。
 そのため飼育係には、常に複数の男子生徒が飼育係補助として参画することになっており、補助係となった男子生徒は、飼育係の女子生徒をサポートする ことで、円滑な係活動ができるようになっている。
 この補助係となる男子生徒は、各学年から数人ずつ集められ、適宜メンバーを変えながら飼育係をサポートしていく。

 飼育係の選出は、その月のはじめに男子生徒による投票で決められることになっており、1年生から3年生までの女子生徒の中から毎月ひとりが選ばれ る。
 そのため、毎月、全学年の女子生徒全員が飼育係となる可能性を秘めており、選出結果が伝えられるまで、女子生徒たちは誰がその月の飼育係となるのかわか らない。
 そして、選出結果が伝えられると同時に、飼育係に指名された女子生徒の係就任が決定するのである。


 そして今月……、ひとりの女子生徒が、飼育係に選ばれた。
 それは、今年、聖女学園に転校してきた女子生徒――由紀であった。



 飼育係の一般的な実施要領は、以下のように定められている。

■ 飼育係の役割

 飼育係は、学園の水槽、プール、その他の場所において飼育してい るウナギや魚といった、聖女学園特有の品種改良された水棲生物への給餌や飼育等の世話を担当する係である。
 日常的な業務として、主に2階廊下に設置されている水槽で飼育しているウナギを中心に世話をすることになっているが、必要に応じて他の場所における飼育 生物への世話をすることもある。
 飼育係の業務内容には、ひとりではできないもの、力作業を必要とするもの等もあるため、必ず複数人の男子生徒が飼育係補助(補助係)として付き添うこと になっており、随時、飼育係をサポート する役目を担っている。
 2階廊下の水槽で飼育しているウナギの世話については、基本的に飼育係が1週間に3日(月、水、金)、放課後に餌当番を務める義務を負っている。

■ ウナギの餌

 2階廊下の水槽で飼育しているウナギは、聖女学園において特殊な 品種改良がなされており、女子の愛液や尿、潮、恥垢などを主食として生息している。
 そのため、飼育係たる女子生徒には、餌当番を担う際、これらのものを餌として提供しなければならない。
 ただし、飼育係となった女子生徒は、餌当番を担う際、これらの一般的な餌に加えて、より栄養価の高い膣内分泌液である「本気汁(子宮頚管粘液)」を餌と して提供する義務を 負っている。

■ ウナギへの給餌方法

 飼育係をになる女子生徒は、栄養価が高く高粘度な本気汁を分泌 し、その本気汁を膣内から直接ウナギに摂取 させなければならない。
 餌として粘度の高い膣内分泌液を膣内から直接給餌するため、飼育係となった女子生徒は、膣をクスコ等を用いて大きく開き、膣奥の子宮口まで露出させる必 要がある。
 その上でウナギが膣内に侵入するのに邪魔とならないように、飼育係となった女子生徒は下半身を持ち上げ、両太ももを腋の下で抱えるようにして脚を頭 の後ろまで回すマングリ返し体勢をとらなければならない。
 飼育係の女子生徒が両脚を頭の後ろに回し、太ももを腋下で抱えるマングリ返し給餌姿勢をとったら、体勢を固定するために両手首を膝を抱えたまま背中側で 縛るとともに、両足 首を頭の後ろで交差させた状態で縛り、給餌姿勢が不意に解除されないようにしなければならない。
 マングリ返し給餌姿勢が完成したら、飼育係の女子生徒を水槽の上に吊るし、開口した膣穴を水中に浸るまで下ろして、ウナギが餌を求めて膣穴に来るのを待 つのが、ウナギへの一般的な給餌方法である。
 マングリ返しの姿勢をとり、その体勢で手脚を縛ること、そして水槽の上に身体を吊るして、水槽の中に陰部を浸すこと……といった作業は、飼育係の女子生 徒ひとりではできないため、補助係の男子生徒が随時サポートすることになっている。
 補助係のサポートを受ける飼育係の女子生徒は、補助係を担う男子生徒の指示に従い、すみやかに給餌準備をする責務を負っている。

※ 補足および特記事項

 【補足1】
 効率よくウナギへの給餌を行うために、補助係の男子生徒は、飼育係の女子生徒に対して必要と思われる処置を施すこ とが認められている。
 特に、ウナギへの餌として飼育係が提供する義務を負う「本気汁」の分泌を促すための手段および施策に関しては、補助係を担う男子生徒にその方法考案から 施行まで、す べてが一任されてる。
 これまで行われてきた飼育係による給餌作業において、補助係の男子生徒が発案した給餌効率化方法としては、以下のようなものが多く採用されている。
  • 飼育係女子のクリトリスやGスポット、ポルチオといった、特に敏感な性感帯にローターを取りつけ、それらの箇所を刺激しな がら給餌させる。
  • 飼育係女子を水槽に入れる前に、あらかじめマングリ返し姿勢で拘束固定した状態の女子生徒の性器を刺激し、事前に何度も潮吹 き絶頂 を迎えさせてから水槽に入れ、給餌させる。
  • マングリ返し姿勢をとった飼育係女子の、膣穴以外の性感帯である尿道、肛門にバイブを挿入した状態で水槽に入れ、バイブでそ れらの箇所を刺激しな がら給餌させる。
  • 膣穴の奥深くまで開口させる筒を膣に挿入し、ウナギを直接子宮口近くまで侵入させた上で、ウナギ自身に子宮口を刺激させなが ら給餌 させる。

 【補足2】
 ウナギがスムーズかつリラックスした状態で餌を摂取できるように、飼育係の女子生徒は、可能な限りウナギとのスキ ンシップを図り、ウナギとの親睦を深める必要がある。
 そのスキンシップ方法についても、その方法や手段は補助係の男子生徒に一任されている。
 一般に、以下のような方法により、飼育係女子とウナギとのスキンシップを図ることが多い。
  • 餌を分泌する下半身だけではなく、胸まで水の中に浸し、乳房および乳首をウナギと触れさせることによってスキンシップを図 る。
  • 餌を分泌する膣だけではなく、お尻の穴の中にもウナギが潜り込めるように、肛門もクスコ等で大きく開口させ、お尻の穴の中に ウナギを迎え入れてスキンシップを図る。
  • 給餌中、膣内に入り切れずにいるウナギが退屈してしまわないように、勃起したクリトリスや乳首で興味を引き、クリトリスや乳 首をついばん でもらうことでスキンシップを図る。
  • 給餌中に、放尿もしくは潮吹きをし、噴き出した水流をウナギに浴びせかけることでウナギの興味を引き、さらなるスキンシップ を図る。

 【補足3】
 飼育係となった女子生徒は、水槽の中にいるすべてのウナギに、餌である「本気汁」を提供し、摂取してもらうことが 求められている。
 すべてのウナギに対して公平に餌を与えるために、本来であればウナギを1匹ずつ膣内および子宮口へと誘導し、餌を与えたウナギを数えながら給餌すること が望ましい。
 しかし、空腹状態のウナギ、および餌の接近を察知して興奮状態にあるウナギは、一斉に飼育係である女子生徒の膣内に潜り込もうとする傾向が強い。
 そのため多くの場合、常に複数のウナギが膣内に潜り込み、中で動き回りながら餌である「本気汁」を摂取することになる。
 そのような状況では、餌を与えたウナギと、まだ餌を与えていないウナギの数を正確に把握することは困難である。
 そこで、そのような状況になった場合には、『すべてのウナギが満足して飼育係である女子生徒の身体から離れるのを待つ』というのが、もっとも適当な処置 となる。
 とは言え、餌を摂取した後のウナギが、飼育係である女子生徒とのスキンシップを図り、飼育係の身体から離れないことも多々あるため、すべてのウナギに餌 が与えられたかどうかの判断は、水槽の中に飼育係女子を吊り下げ、水槽全体のウナギの動きをもっともよく把握できる立場にいる補助係の男子生徒が下すこと になっている。
 したがって、基本的には『補助係である男子生徒の判断によって、給餌の継続および終了を決める』ということになり、給餌作業の終了タイミングは、補助係 の男子に委ねられている。
 少なくとも、水槽の中にいるすべてのウナギが、餌を摂取したと見なされるまでは、飼育係の女子生徒は、給餌作業を継続しなければならない。

 【補足4】
 飼育係女子が給餌をしている最中に、稀にウナギの稚魚が尿道に潜り込んでしまうことがある。
 この場合、ストレスに弱い稚魚を無理やり尿道から追い出すことは、健全な成長を妨げる行為となり得ることから、禁止されている。
 したがって、尿道の中にウナギの稚魚が潜り込んだ場合には、以下のような方法をとることが推奨されている。
  • 尿道に潜り込んだウナギの稚魚が、自然に尿道から出ていくまで、飼育係女子はそのままの状態で待機する。
  • 尿道の奥深くまでウナギの稚魚が侵入してしまい、しばらく出てこないと思われる場合には、給餌作業を一時中断してもいいが、 その場合は、給餌を 再開するまでの間、適切な管理のもと飼育係女子の尿道および膀胱内でウナギの稚魚を保護していなければならない。
 なお、ウナギの稚魚が尿道内に入り込んでいる場合には、飼育係女子は以下のことに注意し、適切な管理状態を維持しなければならない。
  • 尿道にウナギの稚魚が潜り込んでいる間は、ウナギの稚魚を過度に刺激しないために、放尿行為をしてはならない。
  • 尿道および膀胱内でウナギの稚魚を保護する場合には、中にいるウナギの稚魚を外部要因による刺激から隔離するため に、尿道口を密閉シールで塞ぎ、外界との接触を絶った状態で、保護しなければならない。
  • ウナギの稚魚を尿道および膀胱内で保護している最中は、不用意な刺激の付与を避けるべく、ウナギの稚魚を体内で保護している ことを第三者に知らしめるために、常に密閉シールで塞いだ尿道口が見えるように、大陰唇を開いた状態を維持しなければならない。
 以上の注意事項を守らなければならないことから、ウナギの稚魚を次の給餌再開まで体内で保護することになった飼育係の女子生徒は、給餌作業を再開するま での間、放尿行為、およびシールを貼った尿道口を第三者の視界から隠す行為を慎む必要がある。


 【特記事項】
 以上のように、飼育係となった女子生徒には、さまざまな約束事や義務、推奨事項等が定められており、1ヶ月の間、 これらのルールを守って給餌作業に従事しなければならない。
 しかし、ここに記載されていない部分、および記載内容の想定範囲を超えると考えられる状況になった場合には、飼育係の女子生徒は、飼育係補助の役を担っ た男子生徒の指示および判断に従って行動することが求められる。
 したがって、何らかの問題が生じた場合、もしくは何らかの判断が必要となった場合には、飼育係の女子生徒は、補助係男子が発する指示に従わなければなら ない。
 なお、実際に何らかの問題が生じた場合に限らず、事前に何らかの問題発生が「予測される」場合、何らかの判断が必要になると「推定される」場合において も、補助係の男子生徒は、各自の勘と経験に基づいた判断によって飼育係の女子生徒に必要と考えられる処置を指示・命令する権限を有している。
 一方、給餌作業中に補助係の男子生徒から指示・命令を受けた飼育係の女子生徒は、補助係男子から提示されたすべての指示・命令に速やかに従う義務を負っ ている。



 この月、由紀が飼育係に選出された。

 由紀が飼育係に選ばれたのははじめてのことではあるが、ある意味この人選は順当なものと言えた。
 というのも、やはり飼育係は生き物を相手に世話をする……というイメージから、比較的おとなしい性格の女子生徒が選ばれることが多いのである。
 そのようなイメージからの派生で、由紀が飼育係に選ばれるというのは、それほど違和感のあるものではなかった。
 ……もっとも、実施要領に定められているように、この聖女学園における飼育係に、普通の学校でイメージされる飼育係の要素はまったく見られるものではな いのだ が……。

 それでも、飼育係というイメージが先行して、おとなし目の女子生徒が選ばれることが多いのは確かである。

 しかし、ときに男子生徒の恣意的な誘導や、見せしめ的な意図、もしくは何らかの仕返し的な意味合いなど、さまざまな邪な思惑が働くこともある。
 そしてそのような思惑が働いた場合には、おとなしい女子生徒ばかりではなく、逆に、気の強い女子生徒や、生意気な 女子生徒が選ばれることも少なくはない。

 かつて、異例中の異例ではあったが、現生徒会長の結衣香がこの飼育係に選ばれ、1ヶ月の間、ウナギの世話係を担ったこともあるのだった。


 ……そして……、由紀が飼育係に選ばれてから、数日がたったころ、学園内で1枚のプリントが配られた。
 その内容は、数日前に決定した今月の飼育係を知らせるとともに、直近の飼育係としての由紀の仕事ぶりを紹介する記事やコメントが書かれたものであった。


   さらに、配られたプリントの裏面には、過去の参考事例として、先々月、生徒会長でありながら飼育係を兼任させられるという、異例の人選によって飼育係と なった結衣 香の仕事ぶりを紹介する記事が記載されていたのだった。
 
   ・
   ・
   ・

  つづく



 原案:鰻屋さん
 文章・イラスト:ロック


戻る